CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ (JUGEMレビュー »)
トニー・ブザン,バリー・ブザン
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
神田昌典氏 おすすめ教材

ツール
資料請求−起業、ビジネススクール
お気に入りツール
amazon
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ジーニアスコードのダイレクトラーニングの一部のフォトリーディングとその進化系のフォトフリッピングを使って、10000冊読破していくブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ある成功者の秘密
評価:
アラン・コーエン
ダイヤモンド社
¥ 1,500
(2005-09-29)
JUGEMテーマ:読書


197 『ある成功者の秘密』 アラン・コーエン著 ダイヤモンド社 2005/09/25発行 1500円

発売されてから、一年近く、気になっていた本。
さすが、アラン・コーエン氏、すばらしい成功小説でした。

解説には、本田健さん。

最後には、涙が・・・。

素敵です。

僕の人生は、なんらかの方法で完全性を表現しているのだ。
どのようにかは説明できなくても。
宇宙が、僕の夢のすべてを戸口に運んでくれる広大な叡智を体現している。
僕が自分自身のじゃまをせずに、ただ、生というものが僕を愛するままに
できたなら
それはすべて、僕が僕自身に「イエス」と言うことからはじまる。
今の僕へと導いてくれた1つ1つの体験に対しても。

ある成功者の秘密
・自己実現
 宇宙は豊か
 →×小さく
 →○大きく
  →ビジョン
   →明確に
・豊かな精神
 →呼ぶ
  →お金
 →思考を変える
  →状況も変わる
 →×欠乏
  →豊かなイメージ
・他人の成功に貢献
 →思いやり
  →ふれあい
 →めんどう
  →人をみること
   →人生は自分の
    →見てくれる
・自己超越
 →どんな時も最適
  →シンクロニシティ
   →すべてのことに感謝
 →宇宙は無限
  →情熱
 →完全にフォーカス

素晴らしい成功小説でした。
| 成功小説 | 05:34 | comments(0) | - |
ガルシアへの手紙
評価:
エルバート ハバード
総合法令出版
¥ 880
(2001-04)
JUGEMテーマ:読書


187 『ガルシアへの手紙』 エルバード・ハバード著 ハイブロー武蔵訳・解説 総合法令 892円 2001/05/01発行

プレゼントでいただいた本です。ハイブロー武蔵さんは好きなので、
もらってすぐに読破してしまいました。


ガルシア
=変化
 →課題
  →結果
・自力
 →やり遂げる
 →出し切る
・成功の三つの条件
 →気概と熱意
 →明るく、前向き
 →思いやりと感謝
・日本人(明治期)
 →勤勉
 →二冊のバイブル
  →西国立志編
  →学問のすすめ

薄い本なのに、内容が端的にまとめてあり、本質を突いているので
気に入りました。
これから、明治期と同じように、国家を再建する時代に突入する
と私は予測しているので、一人でも多くの人と熱意を持って
勤勉に、幸せと豊かさを分かち合います。

ありがとうございます。
感謝しています。


| 成功小説 | 05:15 | comments(0) | - |
新装版 成功の掟
評価:
マーク・フィッシャー
日本能率協会マネジメントセンター
¥ 1,365
(2005-09-26)
JUGEMテーマ:読書


168 『成功の掟』 マーク・フィッシャー著 日本能率協会マネジメントセンター 1989/10/01発行 1365円

犬飼ターボさん自身が『チャンス』に似ている本と語っていた本。

確かに、共通する部分が多かったです。
しかし、どちらかを読むのであれば、圧倒的に『チャンス』をおすすめします。

成功の掟
・行動を起こす
 →常に今が好機
 →背水の陣
・素直であれ
・ゴールは明確化
 →自分が求めたもの
  →それしか得られない
  →ハッキリさせる
・人生で起こること
 →自分の態度
  →決まる
・成功マインド
 →変える
 =セルフ・イメージ
  →6年後に億万長者
・潜在意識
 →復唱
  →言葉
  →アクセス
   →本質的存在
・計画
 1年 31250ドル
 2年 62500ドル
 3年 125000ドル
 4年 250000ドル
 5年 500000ドル
 6年1000000ドル

・幸福
 →定義すること

・夢も
 →やりたいことリスト
・精神と集中

こういう素敵な本に出会えたことに
感謝します。

ありがとうございます。



| 成功小説 | 20:43 | comments(0) | - |
最高の人生をつかむために最低限なすべきこと―成功のルール・ブック
評価:
マーク フィッシャー,マーク アレン
PHP研究所
---
(1998-09)
Amazonランキング: 29185位
099 『最高の人生をつかむために最低限なすべきこと』 マーク・フィッシャー、マーク・アレン著 PHP研究所 1500円 1998/10/2発行

マーク・フィッシャーさんの本です。『ほんとうの愛と夢を手にした女性の物語』が素晴らしかったので、1ヶ月前ぐらいに購入していた本です。

この本によって、最近ブレていた私の気持ちを元に戻すことができました。

最高の人生をつかむために
・自分を信じる
 →成功者に必ずなれる
 →行動
 →人生は向上する
 →夢を持つ。
  →大きな、そして崇高な
・富は心により
 →やりたいことリスト
 →よくなる
  →毎日聞かせる
・心の壁を破る
 →お金にプラスイメージ
 →前向きに
 →プログラミング
  →心、習慣、目標
・決心
 →直感を信ずる
  →関心ごとに波長を合わせる
 →貫く、あきらめない
・ライフワーク
・無限の可能性
 →やりたいことリスト
・行動計画 
 →ステップバイステップ

昨日、悩んでおりましたがこの本を読んで、自分の心を認識結果、
やっぱり素敵な方を駄目になるまで諦めない。
貫き通すことを固く決意致しました。

この本をこのタイミングで拝読できて良かったです^^☆

毎日、だんだん良くなります^^☆
ツイてる、ツイてる☆
| 成功小説 | 00:07 | comments(0) | - |
クビ男―IT業界でリストラされた男を成功に導いた11の法則
評価:
マーク・フィッシャー,藤井 留美
アスコム
¥ 1,260
(2005-12)
Amazonランキング: 306552位
098 『クビ男』 マーク・フィッシャー著 アスコム 1260円 2005/12/10発行

1ヶ月前ぐらいに買っていたのに、なぜか読んでいなかった本。
mayuminさんの
『ほんとうの愛と夢を手にした女性の物語』の記事を
読んで、そういえば買ってあったなと思いだした本です。

そして、読んだはいいのですが・・・
全然、面白くなかったです・・・orz

始めの方にどんどん気分が悪くなる上に、成功するのが
やけにあっさりすぎる。
半分以上が、ダメになったお話で、なんか中途半端な終わりですし・・・

お金の無駄になってしまいそうで、ショックを受けました。
あくまで私の感性の問題なのですが・・・・orz

しかしながら、『ほんとうの愛と夢を手にした女性の物語』は大変良い本なので
『クビ男』はともかく、是非読んで欲しい1冊です。

やっぱり、監修に経沢さんがいるかいないで、違うんですね☆

私が書いた『ほんとうの愛と夢を手にした女性の物語』の記事はコチラ
読んでいただけると幸いでございます。
| 成功小説 | 00:05 | comments(0) | - |
ほんとうの愛と夢を手にした女性の物語
評価:
マーク・フィッシャー,経沢 香保子
主婦と友社
¥ 1,575
(2005-10-21)
Amazonランキング: 99297位
069 『ほんとうの愛と夢を手にした女性の物語』 マーク・フィッシャー著 経沢香保子監修 藤沢邦夫訳 1575円 主婦の友社 2005/11/30発行

『CHANCE』『成功者の告白』に次ぐ、すばらしい成功小説でした。
女性が主人公なので、特に女性の方は共感される部分が多いのではないか
と思います。

他人の本心が聞けるイヤリングは、私が初めて買った小説『七瀬ふたたび』を
連想させるもので、おもしろかったです。

途切れ、途切れ、物語のテンポが悪くなってしまう印象を受けましたが、
大変すばらしく、成功哲学の本質を突いている本だと感じました。

また、ジェームズ・アレンや、斎藤一人さんの代表的な考えとも
共通する部分があり、その辺もよかったです。

ただ、残念なのが、お金にたいしての価値観などがこの1冊からは
学べないことです。その点において、『CHANCE』よりは学ぶ部分が
少しだけ、たりない印象を受けました。

しかし、女性が主人公ということで、女性ならでは問題や、価値観について
書かれているので、その点においては、『CHANCE』より優れています。

成功とは?
・心の平安と豊かさ
・夢を持つ心
・本質を見抜く目
・感謝
・すべての責任は自分の中にある

気に入った言葉(引用)
・わたしはだれにも期待しないないんだ

・ほかの人の手に自分の幸福をまかせておけば、自分から破滅を招くことになるんですから、不幸になるしかないでしょう

・どんなことをしたってベスト

・自分がいるべき場所にいつもいる

・人間がこの世に生まれてきた使命に気づき、理解し、受け入れて、なしとげれば、完全な成功に達するかもしれません

・いつも深く考え、魂と調和し、自分の目で見る

・美徳の頂点は、愛である

・すべての夢を失うことは、ある点においてすばらしいことである。

・埋め合わせの法則の作用で、五年後に望みのものが手に入る運命かもしれない

・心そのものから生まれる心の豊かな風景や、人生の謎に気づく心の風景がなければ、なんの価値もない


この本を監修された、トレンダースの社長、経沢香保子さんには大変感謝したいと
思います。まだ、『夏祭り』というイベントで、一度しかお会いしたことありませんし、挨拶程度しかことしかございませんが、
『CHANCE』『聖なる予言』そして、『ほんとうの愛と夢を手にした女性の物語』
とすばらしい本に出会えたのは、すべて、経沢香保子さんのおかげです。
ありがとうございます。

2007年からのあとがき
女性を主人公とした成功小説は、日本ではまだ少ないので
大変貴重な本だといえます。
女性が主人公の成功小説は他には、
ワン・ミニッツ・ミリオネア
それに多少影響を受けている
オレンジレッスンがあります。
どちらも、素敵な本なので、よかったら手に取ってみてください。

| 成功小説 | 20:12 | comments(0) | - |
アルケミスト―夢を旅した少年
評価:
パウロ コエーリョ
角川書店
¥ 580
(1997-02)
Amazonランキング: 636位
052 『アルケミスト 夢を旅した少年』 パウル・コエーリョ著 山川鉱矢・亜希子訳 地湧社 1528円 1994/12/10発行
私が大好きな一冊犬飼ターボさんの『CHANCE』のあとがきの話に少し出てきたので
気になっていた本です。偶然、ブックオフにて105円で見つけて、買って読んでしまいました。

いろいろな場面ごとに、成功へのエッセンスが詰まっていて、
すごくためになりました。

なにより学んだことは、本を読むことではなく、行動こそが大切だということ。
その行動は、常に前兆に敏感に感じ動かなくてはならないこと。


あらすじ
少年サンチャゴは、羊飼いであった。とある時、エジプトの宝をみつけるという
夢を何度もみる。そして、セイラムの王様、メルキゼデックに会うことから、
宝探しの冒険が始まる。

・世界最大の嘘
→人は人生のある時点で、自分が起こってくることをコントロールできなくなり、
宿命によって人生を支配されてしまうこと。

・人生のすべてには代価が必要であるということ

・宝物を見つけるためには、前兆にしたがって行かなくてはならない。
神様は誰にでも行く道を用意してくださるものだ。

・幸福の秘密とは
世界のすべてのすばらしさを味わい、しかもスプーンの油のことも忘れないこと

・僕は他の人と同じなんだ。本当に起こっていることではなく、自分がみたいように世の中を見ている。

・すべてはひとつ。

・学ぶ方法はひとつしかない
それは行動を通してだ。おまえは必要なことはすべて、おまえの旅を通して
学んでしまった。

・自分たちの宝物だけを求めるのではなく、実際に運命を生きる

・おまえは自分の心から、決して逃げることはできない。だから、心が言わねば
ならないことを聞いたほうがいい。そうすれば、不意の反逆を恐れずにすむ。


・すべての探求は初心者のつきできまる。そして、すべての探求は、勝者が
厳しくテストされることによって終る。

・錬金術とは、魂の完全性を物資界にもたらすことなのだ。


こんなすばらしき良書はなかなか、みつからないと思います。
心から薦められる一冊となりました。

2007年からのあとがき
成功小説の王道といった本。
現在、600冊以上読んできたけれど、
成功小説でこれほど、素敵な本はあまりないのが
現実です。
| 成功小説 | 02:01 | comments(0) | - |
Good Luck
評価:
アレックス・ロビラ,フェルナンド・トリアス・デ・ペス
ポプラ社
¥ 1,000
(2004-06-22)
Amazonランキング: 19019位
030 『Good Luck』 アレックス・ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・ベス著 田内志文訳 ポプラ社 1000円 2004/06/22発行

54年ぶりに再会した、幼なじみのジムとマックス。マックスは成功したが
ジムは仕事も、財産も、すべて失い、そのジムにマックスが「魅惑の物語」
を語った。

・運と幸運の違いとは
運は呼びこむことも、維持することも不可能だが、幸運は自ら作ることで、永遠に尽きることはない

・信念と目標を貫くことが大切

・幸運を求めるものはほんのひとにぎり
幸運を欲しいと願うものは、たくさんいるが、自ら本当に望み行動にでるものは
一握りしかいない。

・幸運が訪れないのは、訪れない原因がある。その原因を知り、自ら準備をすることが大切。

・幸運を呼びこむ一つのかぎは、人に差しのべられる広い謙虚な心。
どんな相手にも誠実に、謙虚になることは必要。どういう立場であれ、傲慢では
ものごと本質をきくことはできない

・今日出来る準備は、今日しなければならない。先伸ばしにしてしまえば、永遠に
幸運はやってこない。

・あらゆる可能性を考え、細部までやらないと幸運は訪れない。狭い自分に囚われず、他の知識をもとめることが重要。

・偶然しか信じない人は準備するものをけなすが、準備するものはそれに動じる必要はない。

・幸運は安易には手に入らない。どんなにおいしい話でも、幸運は売り物でも、
道具でもないから、それは惑わしである。

・できることをやったら、焦らず、諦めないこと。自分の信念、目標を貫き、
自分の成功を信じて、甘い言葉にブレないこと。

・幸運を手に入れるには、チャンスを備えて準備をすること。しかし、チャンスを
得るには、運も偶然もない、ただいつでもそれはあるもの。

・幸運をつくることは、自らその条件をつくることである。
インド・マップ


グッドラックに書いてあった法則を自分なりにまとめるこんな感じです。

チャンスはどこにでも落ちているとも思う。チャンスの例えとして、私は本だと思っている。いろんな成功者が語ってくれる本はたくさんある。
ただ、それに気付き読む人はあまりいない。世間は成功に敏感だけれど、本当に
それをやろうという勇気をもってやるひとはあまりいない。
何を好きでも、本気で好きという人はあまりいない。
私は、『渋谷ではたらく社長の告白』を本気に受けとめた結果、
最近、成功への道しるべとなる、人や本、環境に次々と出会っている気がする。

準備は大切だと思う。私は準備を怠ったために大きな失敗を何度かやったので
身にしみて感じた。

最後に、こういう言葉で終わっている。

この本を書くのに8時間しかかからなかった。
しかし、この本を考えるのに3年もかかった。


最後まで、準備の大切さを教えてくれている。
| 成功小説 | 16:00 | comments(0) | - |
ホワンの物語―成功するための50の秘密
評価:
ロバート・J. ペトロ
飛鳥新社
---
(1999-03)
Amazonランキング: 15150位
Amazonおすすめ度:
よい物語です。
最近のイチオシ!
読んでいて、とても楽しいデス!
016 『ホワンの物語』 R.J.ペトロ著 飛鳥新社 1575円

『CHANCE』の巻末により知った本です。帯にはあの、斎藤一人さんが
この本を薦めていました。このお二方が薦めるだけあって、よみやすく、
成功のエッセンスがたくさん詰まった本です。
尚、巻末には50の成功の秘密が載っているのでコチラも必見です。

あらすじは、父と母をなくしたホワンという青年が、地主からも土地を
追われて、町に職を求めに行くと途中でエクトル・オルテガに出会い、
注意さえしていれば、チャンスはどこにでもあるという言葉をもらうことから始まります。

私が気に入った言葉は、
・ただ人を信じ続ける
・いつも心に善意をもちなさい
・誠実さ
・自分の主人になる
・ただ愛を送り、辛抱強く待つ
・忍耐力と根気と自己規律を持つ

などでした。

特に忍耐力というのは誰かのメンターになる時にも必要なんだなとこのエクトルさんを通じて実感しました。また、藤田さんがいつも言っているように経営者は
常に忍耐しなければいけないという言葉が頭に浮かびました。

成功小説という点においては『CHANCE』の方が現代的ですが、この本も
素晴らしく、読んだ方がお得なのではと思います。

出版された時期が1999年と結構前なので、私はブックオフや古本屋で見つけることができなく新品で買ったのですが、中古でも手に入るのではと思います^^

ああ、いい名著を読めて幸せです^^☆☆
| 成功小説 | 10:44 | comments(0) | - |
星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-
評価:
犬飼 ターボ
サンマーク出版
¥ 1,365
(2005-07-21)
Amazonランキング: 12871位
Amazonおすすめ度:
シンプルでしかもやさしい
一気に読めました
伝わってきます
013 『星の商人』 犬飼ターボ 1365円 サンマーク出版

『CHANCE』を書いた犬飼ターボさんの2作目の作品。
『CHANCE』が現実的なフィクションだったのに対し、今作は、おとぎ話のような物語でした。『CHANCE』を完結に短くした感じで、分厚い本は読みたくないと
いう人にはおすすめの本です。157ページと薄いので、1時間あればよめるのではと思います。
『CHANCE』と『星の商人』はどちらもいいたいことは同じみたいですので、敢えて両方読む必要はないと思います。私としては、『CHANCE』は『星の商人』に比べ分厚いですが、リアリティーという面と完結性、そして、いろんな成功のエッセンスが『星の商人』よりも多く含まれているだけでなく、日本の成功小説として誇れる本なので、『CHANCE』をおすすめします。

大事なのは、富みは海のように無限に溢れ、成功とは争いではなく、分かち合いなのである。という考え方みたいです^^☆

2007年からのあとがき
犬飼ターボさんの世界観、競争世界、共存世界、奉仕世界。
ハピサクマップが学べます。
『チャンス』はどちらかというと、いろいろな成功哲学、自己啓発を
組み合わせたのに対し、
こちらは、オリジナル性がかなり重視されているのではと
感じる本です。

その後、犬飼ターボさんにお会いすることができ、
奉仕世界について、直接教わることができました。

これもこれも、何かの縁なのかなと思います。

ありがとうございます。感謝感謝。
| 成功小説 | 20:28 | comments(0) | - |