CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ (JUGEMレビュー »)
トニー・ブザン,バリー・ブザン
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
神田昌典氏 おすすめ教材

ツール
資料請求−起業、ビジネススクール
お気に入りツール
amazon
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ジーニアスコードのダイレクトラーニングの一部のフォトリーディングとその進化系のフォトフリッピングを使って、10000冊読破していくブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
税金を払う人使う人―加藤寛・中村うさぎの激辛問答
評価:
加藤 寛,中村 うさぎ
日経BP社
¥ 1,470
(2001-07)
Amazonランキング: 329385位
131 『税金を払う人使う人』 加藤寛 中村うさぎ著 日経BP社 1460円 2001/7/23発行

慶應のSFCを作った、慶應義塾大学名誉教授、加藤寛。
現在も、千葉商科大学の学長だったと思う。

税金に目が行き、加藤寛で買おうと思った1冊。
個人的には、ピグー税とか、環境権とかで有名だったような
と勝手に記憶していた加藤寛。
政府税調前会長とは知りませんでした。

この本全体として初歩的なこと、特にまとめることも
必要じゃないのでしませんが、2001年に書かれたときと
今2006年がどのくらい一致しているのか?
そこの部分に注目して読みました。

結果は、郵政だったり、道路公団だったり、ああその通りに
進んできたんだだなということ。

つまり、1個の法律、や法案が決まるということを早めに
入手しないと時代遅れになるということ。

この本では2007年までに財政改革を行い、
スリム化を図り、財政赤字を300兆まで
戻すと書いてありますが、
個人的に無理なのではと思っています。

最近、2008年に株はもう一度あがることは確信していますが
(人口統計より)、なぜ株が上がるのか?
もしかしたら、インフレが急激に進行して、その反動で
株が上がるのではと考えるようになりました。

まだまだ、この辺に関しては勉強不足なので
確証はないのですが、なんとなくそんな気がします。

この本は、基本的な税金のあり方を書いているので
なかなかいいと思います。

最後まで読んでくださって感謝します。
ありがとうございます。

| 政治 | 19:45 | comments(0) | - |
姜尚中の政治学入門 (集英社新書)
評価:
姜 尚中
集英社
¥ 693
(2006-02)
Amazonランキング: 38904位
120 『姜尚中の政治学入門』 姜尚中著 集英社新書 693円 2006/2/22発行

尊敬する政治学者の姜尚中さんです。
姜さんの本はほとんど、拝読しましたがその切り口と軸がしっかりした部分がすごく印象的です。

現代の日本
・アメリカ
・暴力
・主権
・憲法
・戦後民主主義
・東北アジア

目次そのままのマインド・マップとなってしまいました(笑)
姜さんの切り口としては、ナショナリズムに依存すべきではないこと、東北アジア共同体の設立、報道・マスコミの危うさ、を主に語っています。
「在日」などに書かれているように、在日韓国人としての国家、自分と言うものはどこに所属するべきなのか?アイデンティティーを考える故の考えというものがあります。それは、在日韓国人だからこそ、感じる部分、言わないといけない部分、そして、フランスとドイツのように、憎しみあっていた国が手を取り合うにはどうすればいいのか?
それを語ってるような気がします。

すごくまとまった1冊だと思います。

2007年からのあとがき
韓国といつになったら、仲良くやっていけるのだろうと思う。
しかし、今のままの韓国とはとても仲良くなれない。
都合の良すぎる国だと思う。
偽りの国、韓国。やっていることは北朝鮮とほぼ同じである。
ありもしないでっちあげで、日本国民を騙し続けた国。
その国民性は、信用ならない。
個人的に、韓国は好きだのだが、やはり、
好きで調べれば、調べるほど、許しがたい点が
大量にでてくる、泣。
| 政治 | 18:28 | comments(0) | - |
武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)
評価:
伊勢崎 賢治
講談社
¥ 777
(2004-12-18)
Amazonランキング: 6623位
083 『武装解除』 伊勢崎賢治著 講談社現代新書 740円+税

現在、立教の教授で、アフガンや紛争後の処理に卓越才能を
持つ人。
日本では、そう注目はされていないのですが、紛争後の社会を
いかに再生して、また紛争を起きないようにするのか?
これからも、紛争はなくらないと思うので、こういった分野で
活躍されている方の著作はかなり貴重と思った1冊でした。

内容は、この方の半自伝とDDRについてが主です。

すごく紛争後の社会を考えさせられる1冊でした。
| 政治 | 03:14 | comments(0) | - |